習慣

事前準備をする習慣

投稿日:2020年6月16日 更新日:

 

ミニマリストになる前はよく、

家を出る前にバタバタとしていた私です。

 

着る服が決まらないだとか、

(正しくは今日着たい服がない)

バッグに入れるものを準備できてないとか、

履こうと思った靴が汚れているから拭かなきゃとか、

財布に現金入っているかとか、

スマホの充電してなかったとか、

洗濯物回すだけ回して干してなかったとか。笑

なんでもっと早く準備しておかなかったの?と思うことを

毎回毎回懲りもせずに繰り返していました。

 

早く目覚めたはずなのに!

時間はまだあるとスマホを触ったり、本を読んだり、二度寝したり。

またギリギリまで起きられず、慌てて支度することもしばしば。

(後者の方が圧倒的に多いけど)

 

慌てて家を出ようものなら、

なんか忘れ物してる気がする

「渡そうと思ってたもの持ってくるの忘れた〜昨日までは覚えておいたんだけど

そういえばイヤフォンないけど、カバンの中身入れ替えた時あったっけ?

やっぱりあっちの服にしとけばよかったかも、、、」

「次の電車何時だ?確認しとけばよかった〜!

 

後回しにするから忘れる。

分かってるのにやらかす。

次こそはちゃんとする!で、ちゃんとしない。

だから、いつまで経ってもだらしない自分から抜け出せない。

このままじゃいけない。

5分前行動という以前に、事前準備というものを習慣化しよう!

 

そこからは、

翌日の準備をして寝るようになりました。

着る服を選び、

毛玉はついていないか、汚れはないか、目立つシワはないか。

持って歩くカバンを選び、中身を確認する。

お財布、ハンカチ、ティッシュ、AirPods…充電はあるかな?

お土産やプレゼントは忘れないように、カバンの隣に置いておく。

電車に乗る時間も確認して、逆算して目覚まし時計をセットする。

 

 

翌朝にならないと準備できないものは、

必ずメモに残して出かける前にもう一度確認する。

 

準備と言っても寝る前に5〜10分あればできること。

この事前準備ができていると、

出かける前にダラダラすることもなくなり、

起きてから身支度完了するまでの時間も随分早くなりました。

まず、服が用意できてる時点でパジャマから着替えるし、

着替えたからには動いて身支度をする流れが自然と作れるのです。

準備できてる=出かけるまでの支度が早く、効率が良くなったのも事実。

 

そして、何より精神的にとってもラク♪

時間に追われることもなければ、

○○しておけば良かったという後悔も生まれないし、

むしろスムーズに用意できたことで自己肯定感が生まれる。

 

ついでに言うと、

洗い物もして掃除機もかけて出かけられると、

帰ってたからの気持ちよさ。

たとえ疲れて帰ってきたとしても、気持ちが救われる。

 

 

準備って、時間と心の余裕を作ってくれるんだなあと、

つくづく気づかされました。

 

 

朝時間ないよー!って方、

起きるの苦手なんだよなあって方、

前日に準備するだけでも随分ラクなので実践してみてください。

そのうち、起きてからのストレスや苦痛が減るので、

起きること自体がラクになってなってきます。

 

役に立てたら嬉しいです!

 

SPONSORED LINK



SPONSORED LINK



-習慣

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

温活した結果!

  高校生の頃は平熱35.8℃くらいで低体温でした。 そのせいか、 すぐ風邪を引いたり体調不良を訴えることが多かったのです。 (学校や進学の精神的ストレスも多かったけど) なので、36.8℃ …

しいたけ占いが好き

  今までは 「占いは(自分にとって都合の)いいことだけ信じる!」 なんて適当なこと言ってたのですが、 今はすっかりそんな考えはなくなりました。 「占いは、いいことも悪いことも知って準備をす …

わたし、疲れるとこうなります

  私は、疲れるとこうなると予想できるので、 このような対策をしています。   貧血気味 →積極的に鉄分をとる 口唇ヘルペスができる →唇に違和感を覚えたらサプリを飲む 甘いものを …

作り置きで乗り切って5年

  作り置きで仕事の日を乗り切る派。 基本的に日持ちしそうなおかずを作っておいて、 お弁当に入れたり、朝・夜ごはんに食べたり。   なんせラクをしたいのです。(小声)   …

毎日を好きなことだけで埋めていく

  本の出会いは必然だと思っているのですが、 実家から借りて帰ってなかなか読めずにいた本。 ふと思い出し読み進めていくと、 今の私にぴったりの内容でした。 読むべき時に、読むようになっている …