minimalist

ミニマリストは実家に私物を置かない

投稿日:

今日は「実家に私物を置いてる?」について話したいと思います。
18歳で実家を出て一人暮らしを始めたのですがその時に私物8割くらい持って出ました。帰省する時用の部屋着と一度に持っていけない雑誌・小物類は置いたまま、帰省のついでに片付けたり持って帰ったりしていました。そうこうしているうちに、「ミニマリスト」誕生!

そんなある日、お盆とお正月しか帰省しないのに実家に私物を置いている意味はあるのだろうか、と思うようになりました。「実家に置いている=必要性が低い=不要なもの」だと確信してから、実家に帰ったタイミングで全部手放しました。部屋着から何やらぜーーーんぶ。
卒業アルバムについてはモノの所有者は親と私なので「私は要らないからあとは取っておくなり捨てるなり好きにしていいよ」と所有権を譲りました。(正しくは所有放棄。笑)

そして学校で使っていた絵の具セット・習字道具、絵画・工作、制服・鞄、賞状・トロフィーなども一緒に見ながら手放しました。私より親の方が少し手放しづらそうでしたが「本人がいらないって言ってるのに残してても仕方ないもんね」と言ってました。そりゃそうだ。
幸いうちの親は私のミニマリスト思考に理解があったのでスムーズに手放せたと思います。なので一つ残らず手放すことができました。

実家に私物は置かない, ミニマリストの実家, ミニマリスト, ひとりの時間

こういった経緯もあって「実家に私物を置いてる?」の質問に対して私は「NO!」と答えます。1つも置いていません。
帰省するときにいつも使ってるものを持って帰ったらいい、借りれるもの借りたらいい。どうにでもなる!(そもそも最近は年1も帰れてない。笑)

下記については私の場合ですが…
自分の家・お部屋が片付いていても実家にモノを置いていたら、「保管している場所が違うだけでモノを持っていることには変わりない」ということに気がつきました。ましてや普段住んでいないところに物だけ置いておくのは、実家にとってお荷物になってしまいます。
自分のものは自分の手の届く範囲で保管して管理する。そうすると実家の部屋とクローゼット(収納スペース)も空いて、家族にとっても有意義に使える場所が増えます。
手放すことは自分だけでなく、家族にも良い影響を与えるのかもしれません。


ブログ訪問ありがとうございます。
★マーククリックで応援していただけますと喜びます↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

▼フォローはこちらから!
ひとりの時間 - にほんブログ村

-minimalist

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

minimal2022, ミニマリスト, ミニマリストブログ, ミニマリストkirin, ひとりの時間

【お知らせあり!】ミニマリストブログ誕生の秘話

今回はこのミニマリストブログを作ったきっかけ・ブログ初期時代のお話をします。 このブログは2020年の4月に開設。1回目の緊急事態宣言の真っ只中でした。 この時の私はすでにミニマリスト。販売員をしてい …

minimal2022, ミニマリスト, ミニマリストブログ, ミニマリストkirin, ひとりの時間

ミニマリストの手放しリスト vol.1

今日は「手放したモノ」についてまとめました。 もちろん一度に全部捨てれたわけでなく段階を踏んで進めていったので、3段階に分けて更新していきます。 1:抵抗なく手放せるものからスタート! 【手放したもの …

ミニマムデザイン, シンプルデザイン, ミニマリスト, もの選び, ひとりの時間

【共通点発見】モノ選びで重視していること

今日は「モノ選びで重視していること」についてお話しします。 読んでくださっている方はもうお気づきでしょうか?恥ずかしながら私自身はまったく気づいてなかったですが、今週ブログ記事を修正している中で気づき …

minimal2022, ミニマリスト, ミニマリストブログ, ミニマリストkirin, ひとりの時間

ミニマリストの手放しリスト vol.3

今回はミニマリストの手放しリスト vol.2の続きです。 【3:壊れたきっかけや見直し期間を経て、手放そうと思ってなかったものを手放し!】 【手放したもの】 ・オーブントースター ・キャリーバッグ ・ …

2022年買ったもの, 購入品, ミニマリスト, ひとりの時間

【買ってよかった!】2022年の購入品紹介

今日は2022年に買って良かったものを5つご紹介します。 【MacBookPro】 今年買って良かったもの堂々の1位!かなり古いMacを使っていたので思い切って買い替えました。大きな買い物は相変わらず …