fashion

2回同じ服を着て人と会うことが嫌でした

投稿日:2022-11-17 更新日:

本日はちょっと遅めの時間に更新。お風呂に入った後のまったりタイムです。

今日はお洋服のお話です。
20歳前後くらいの時、1度着たことがある服(コーデ)で同じ人と会うことを懸命に避けていました。
その理由の1つが、とある服を2回着て会っただけで、「それ好きなん?」って言われたこと。

めっっっっっちゃ嫌だった〜〜〜!!!笑

おそらくそんな深い意味はないし、そのままの意味だと思うのですが、「それ好きなん?」が「それしか持ってないん?」に聞こえてしまう不思議。これって私だけじゃないはず・・・!笑 この自意識過剰な受取りが自分を苦しめていました。

服で何を図られるわけでもないのに、「いろんなジャンルの服をいっぱい服を持ってる=おしゃれ=センスがある=センスのある人間」という、とんでもない方程式を築いてしまっていたのがこの私でした。今となっては「しょうもない見栄とプライドのために必死になっていたな〜」と思うのですが、若い時は身なりにとっても敏感でした。

お給料が入ればとりあえず服を買うし、暇さえあればZOZOTOWNをチェック。もう服を買うため、見栄を張るために働いてお給料を得ていたと言っても過言ではありません。もちろん、服が好き!という理由もありましたが。




そんな服を買う生活もミニマリストになってから激変。

こんなに服いらん!!!!!!!

「買ったのに1回も着てない」「芸能人の◎◎ちゃんを真似て買ったけど、私には似合わなかった」「安かったから」「流行ってるから」など、誤った基準で買った服の山を片っ端から手放し!
「自分をよく魅せてくれる、輝かせてくれる」「おしゃれに見られる」と思っていた。そんな私のエゴも一緒に手放し!
そして自分に似合う自分の気に入ったものだけが残った時、本当の自分をありのまま受け入れよう!外見じゃなくて中身を磨こう!と強く決意しました。

ミニマリストの服, ひとりの時間

手放す時には必ず気づきがあります。
「もう着ないからポイ」じゃなくて「なんでこれ着なかった?」「なんで買った?」と振り返らないと、手放してもまた同じことを繰り返してしまいます。それによって気づけることが大事。もしかしたら私にとって「その服たち」はそういうお役目だったのかな・・・大事なことを教えてくれてありがとう。

今、また「それ好きなん?」と言われることがあったら、私はこう答えるでしょう。
「これ好き!毎日着れるくらいお気に入り!」

まあ、大人になるともうそんな会話も生まれませんけどね!笑






ブログ訪問ありがとうございます。クリックで応援していただけますと嬉しいです▼
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

【余談】
当時手放した服は、もったいない精神&貧乏性炸裂によってメルカリに出品しました。(ほぼ全部売れた記憶!)
罪悪感がちょっと減った瞬間でした。。。苦笑

-fashion

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

たい焼き, ひとりの時間

”今”の自分に合ってるものを着る

洋服って去年まで似合っててバンバン着てたのに、翌年に突然「なんかビミョー」になったりしないですか?まさに今日、それでした。 何をどう何組み合わせてもしっくりこなくて。しかも、1着とかじゃなくて3着くら …

ファッション, ミニマリスト, 顔タイプ診断, ひとりの時間

顔タイプ診断の結果、黒色の服を選ぶ理由が分かった

私が持っている服のメインは黒色。 ある日、服を整理していると「黒多いな〜」と気づいたのですが、同時になんでだろう?と考えました。 思い当たるのは”好きな色だから””合わせやすいから。” それなら、好き …