lifestyle

私が1Kに住む理由

投稿日:

一人暮らしを始めてから今日まで何度か引越しをしてきましたが、私はほとんど1Kに住んでいました(1度1Rもあり)。
家賃が安く、仕事で家を開けていることが多いので特に不満に思うこともなく、周りの一人暮らしの友達も1K住みばっかりだったのでそれが当たり前でした。

しかし今の家を探す時の条件は「リビングと寝室分けたいから、間取りは1DK,1LDK」希望。
早速何件か内覧に行ったのですが、ここで気づいたことがありました。
実際にお部屋を見ながら家具の配置を考えていると、、、リビングと寝室を分けたとして、大型家具がベッドとデスク&椅子しかない私が2部屋もいる?
ソファーも棚もテレビ台もドレッサーもないのに?
部屋に余裕が生まれるのは嬉しいけどその分掃除スペースが増えて、2部屋綺麗をキープできるのか?
冷静に考えろ私・・・!

湧き上がる疑問を胸に向かったその日最後の物件は、なぜか1つだけ紛れ込んでいた1Kの物件。(なんでだよ)
まあせっかくだし最後に見て今日は終わろう。そう思って行った物件、、、
築浅め、綺麗め、独立洗面台あり、コンロ2口以上、オートロック、3階以上、1Kだけど広め。何より日当たりがよくお部屋の雰囲気がいい。

その時、口数少なかった不動産の方が一言。
「間違いなく、今日1番ですね。」

激しく同意。

結果、1DK,1LDKへの憧れは綺麗さっぱり消え去り、私はまた1Kを選びました。
自分の適切な生活スペース、モノの量、ライフスタイルを把握して、身の丈に合った部屋を選ぶ。ここにきて、基礎中の基礎を思い知りました。
そして何より、モノが少ないとモノを置くスペース(家賃)が不要だということも。

引越し, 1K, ミニマリスト, ひとりの時間

ちなみにお昼からの引越しで、荷造り始めたのは当日朝。
荷物も引越し業者さんから「段ボールこんなに余りました!?」と言われるほど、少ない荷物で引越し完了。
ミニマリストでよかったと思える瞬間、第1位「引越し」です。笑






ブログ訪問ありがとうございます。クリックで応援していただけますと嬉しいです▼
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

-lifestyle

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

好きなことをして個人で活躍する時代, ひとりの時間

好きなことをして個人で活躍する時代

今の時代いろんな職業があっていいなあと、すごく感じています。個人が活躍する時代、本当想像がつかなかったなあ。。。 「好きなこと」「夢中になれること」「ワクワクすること」があってそれが仕事になるって、と …

クナイプ バスミルク , ひとりの時間

バスタイムの楽しみ

数年前まで入浴剤に一切興味がなかったのですが、とある日に久しぶりに入浴剤を使ったら、リラックス効果すごい!!!そして途中で目が冷めることなく、ぐっすり眠れる!!!と気づいてからよく使っています。 基本 …

爪, ひとりの時間

瞑想で不眠解消!

こんにちは。今日みたいな晴れた日は、朝の目覚めがとっても気持ち良いです。 朝が苦手なので、目覚ましを止めたら腕を伸ばしてカーテンを開けます。お部屋に日が入ると目覚めやすいですよね。 朝目覚めやすくする …